応急仮設木造住宅技術講習会参加

投稿日:2016年01月16日
こんにちは、勝又です。
今日は僕の話ではなく、先日、井出が参加した
技術講習会の様子を報告(代筆)します。
タイトルが全部漢字で硬いイメージですよね。

午前中、座学をしたあと、午後から実演したそうです。

DSC_0808

まずは、基礎から

DSC_0810

木製の杭を打ち込んで束にするそうです。
こんなので大丈夫なの?と思いますが
あくまで、仮設なのでいいそうです。
耐久年数は2年ですって、
この方が撤去する時に楽ですからね。

DSC_0811

打った杭の上に土台を流し、カスガイで固定していきます。

DSC_0812

その上に、通常の住宅と同じように、
柱を建て梁などを設置していきます。

P1220842

この富士山は今日の富士山ですが、

1月とは思えないほど雪が少ないですよね。
暖かくて現場的にはいいですが、
いつ富士山が噴火するとも限らない。
ボーイスカウトのモットー、
「備えよ常に。」のように
いつくるか分からない災害に、常に備えておかなければと
思う今日この頃でした。
寒空の中、ずっと立ちっぱなしで講義を受けていた方々、
大変、お疲れ様でした。
2016年1月16日 投稿|