作業効率の追求

投稿日:2021年03月02日

設計の村松です。

 

今回は効率を上げる為の対策についてお話したいと思います。

コロナ禍で在宅勤務を続けさせて頂いており

以前から興味があった本を読んでおります。

 

 

 

今回は左側の本「脱マウス」最速仕事術のお話をします。

”年間120時間の時短を実現した”につられてしまいました(笑)

 

以前から「ショートカットキー」を使えるようになりたい!!と思っていまして、

今回の在宅勤務があり背中を押してくれました。

内容としては脱マウスだけで仕事の生産性が上がり、

またキーの意味から理解をしていく事により覚えやすく説明しています。

 

ctrl+C(コピー)やctrl+V(貼付け)は代表的なショートカットですが、

他にも効率が上がりそうなものを紹介します。

 

・Windowsマーク+1、2…

  タスクバー(画面左下)の一番左を1、2…が起動

 

・Windowsマーク+D

  デスクトップに移動

 

・Ctrl+P

  印刷画面へ

 

・Ctrl+S

  上書き保存

 

・Fn+←Home  または↑PgUp ↓PgDn →End

  Excelやブラウザ等で画面のスクロールや行の先頭・末尾への移動

 

・Alt+←Home  または→End

  フォルダやブラウザ等の戻る・進む

 

・Alt+Tab

  開いているウィンドウの一覧から最前面にするウィンドウを選ぶ

 

・Ctrl+Tab

  ブラウザのタブ選択右へ移動

 

・Ctrl+1、2…

  ブラウザのタブ左から1、2…に移動

 

・Alt+F4

  開いているウィンドウやアプリを閉じる

 

・Ctrl+W

  ブラウザのタブ(画面上)を一つずつ閉じる

 

他にも沢山ありますが興味があればyoutubeでも確認出来ます!

 

 

 

 

 

キーボードには日本語配列と英語配列があります。

私は日本語配列に慣れている為、こちらを愛用しております。

 

またノートパソコンにあるタッチパットの操作も時短になります!

指2本で上下に動かすと画面のスクロールになる…

こちらは利用している方も多いのではないでしょうか?

 

・2本指で左から右へスワイプ

  ブラウザなどで戻る

 

・2本指で右から左へスワイプ

  ブラウザなどで進む

 

・3本指で下にスワイプ

  デスクトップに移動

 

・3本指で右or左にスワイプ

  開いているウィンドウの一覧から最前面にするウィンドウを選ぶ

 

・4本指で右から左にスワイプ

  仮想デスクトップ画面へ

 

・2本指をつまむようにする(スマホ操作同様)

  ブラウザや写真などの拡大・縮小

 

上記のようにショートカットで出来る事もタッチパットで操作出来ます!

 

パソコン操作中にショートカット&タッチパット操作で

より作業効率の短縮が出来るのでオススメします。

 

私は左手でタッチパット&ショートカット、

右手でマウスを…状況に応じて操作しております。

たまに操作方法が混乱する時もあります(笑)

 

ちなみに下記のようにタッチパットは好みで設定変更が出来ます!!

 

 

 

 

私が普段使用しているJWCADにもショートカットキーが設定されています。

CtrlやAltキーを押さずに「T→伸縮」や「Y→範囲指定」などの

操作が出来るので簡単に始められます。

 

まだまだ考えながら操作する時もありますが、

覚えるとメリットばかりだと思います。

 

 

 

 

引き続きショートカットキーをマスターして

年間120時間の時短を実現出来るよう頑張ります!!

2021年3月2日 投稿|