外観のコーディネート

投稿日:2020年09月17日

こんにちは。設計営業の小林です。

先日、外観の色を決める打合せをお客様とさせていただきました。
屋根や樋といった外観の様々な部分について色や素材を決めていくのですが、どのような組み合わせにしようか考えるのはとても楽しいです。
どのような色や素材を選んだらどのような印象になるのか…今回は外観のコーディネートについて書きます。(色の印象は個人的なものです)


まずは外壁の色。
リベロホームの外壁は塗り壁を標準仕様としております。様々な色や塗りのパターンをお選びいただけます。


一番の人気色はホワイトです!社屋もホワイトの外壁を採用しているため、この社屋の雰囲気を気に入ってくださるお客様が多いように思います。
ホワイトの他にもグレー、ブラウンなどを選ばれる方もいらっしゃいます。



また、一部を木貼りにするのも外観のアクセントになるためおすすめです。



次に屋根の色について。
リベロホームではガルバリウム鋼板を標準仕様としており、グレー系のお色が人気です。
薄い色は柔らかい雰囲気に、濃い色はシャープな雰囲気になります。
屋根は通常見えにくい部分ではありますが、リベロホームでは下屋を架けることも多く、屋根の色が外観デザインのポイントとなることがあります。



次に破風の色について。
破風(屋根の先端部分)の色は意外と外観の印象を大きく変える要素だと思います。
このお宅のように薄いグレー色だと軽やかに感じます。



また、樋の色の合わせ方もとても重要です。こちらは、破風の薄いグレー色に合わせて樋も薄いグレー色、白い外壁に合わせて縦樋はホワイト色としています。



このように破風や外壁に樋の色を合わせることにより、樋が目立たなくすっきりと見えます。
逆に、樋の色を目立たせアクセントにされるのも良いと思います。

最後に、軒天井について。
軒天井の色もお選びいただけます。ホワイトやブラックといった単色は軒裏をすっきりと見せ、シャープな印象を持ちます。



木目調ですと柔らかな雰囲気になり、カジュアルな印象になります。



このように色や柄によって様々な印象の外観になります。話し合いながらこだわりのお家を一緒に作っていきましょう。

2020年9月17日 投稿|