JWCADの機能性

カテゴリー: blog
投稿日:2020年10月27日

こんにちは、設計の村松です。


以前、DIYのブログを連載させていただきましたが、


その時に設計図を書く時に使うソフト「JWCAD」についてお話したいと思います。





私は今まで色々なCADに触れてきました。


建物のベースを作成する建築用CADを使いその後、細かい修正を得意とするJWCADがあります。


主にこのような流れで設計図面を作成しております。


歴史としては1997年にJさんとWさんによって開発された純国産ソフトです。


今ではAutoCADに続き上位に入るほどの人気があります。



JWCADの利点として


・フリーソフトではあるが機能性が良く導入コストがかからない


・操作性が比較的簡単で利用ユーザーが多く、操作方法に困ったらネットで検索出来る


・豊富なファイル形式に対応している JWC、JWW、DXF、SFC等


他には3Dではありませんが、平面に高さを入力すると2.5D(立方体)も作れます!


少し専門的なお話になってしまいましたが・・・。



フリーソフトではありますが必要以上の機能がありクオリティがとても高いです。


JWCADは専門的なソフトという印象もありますがとても身近に使えるのです。


木材などでDIYにチャレンジしたい方などCADに興味がありましたらお声掛け下さい!



私もCGのペイントソフトなど習得する為に日々勉強中です。



古き良きもの

カテゴリー: blog
投稿日:2020年09月29日


毎日、なにげなく触れているドア(建具)には戸、襖、障子と色々な種類やデザインがあります。

その中のひとつに 大阪格子という伝統的な建具があります。
大阪格子は、夏には障子を外し通気性の良い格子戸、冬には障子を閉めて気密性の良い戸として使用できる二重構造になってます。



細かい竪格子や障子からは、外からは薄暗い内部が見えにくく、中からは隙間から明るい外を見ることができるということで、 プライバシーを守りながら適度な人の気配も感じることができる優れものの建具といえます。



戦前は店の表と奥、茶の間と台所の境などに用いられることが多く商家などでよく使われたそうですが戦後の建築では、この建具を使用することがほとんどなくなってしまいました。


その原因として材料を多く使い、工賃がかかるのと高度の技術がいるため、これを製作する技能者がすくなくなったからとも言われてます。
掲載している建具は大正時代に使用されていた建具を調整して新築の住宅に再利用してます。

現代の建具も良いところが沢山ありますが、新築リフォーム問わず古き良きものを現代に残していくことも大切なことだと感じてます。


設計 倉澤

外観のコーディネート

カテゴリー: blog
投稿日:2020年09月17日

こんにちは。設計営業の小林です。

先日、外観の色を決める打合せをお客様とさせていただきました。
屋根や樋といった外観の様々な部分について色や素材を決めていくのですが、どのような組み合わせにしようか考えるのはとても楽しいです。
どのような色や素材を選んだらどのような印象になるのか…今回は外観のコーディネートについて書きます。(色の印象は個人的なものです)


まずは外壁の色。
リベロホームの外壁は塗り壁を標準仕様としております。様々な色や塗りのパターンをお選びいただけます。


一番の人気色はホワイトです!社屋もホワイトの外壁を採用しているため、この社屋の雰囲気を気に入ってくださるお客様が多いように思います。
ホワイトの他にもグレー、ブラウンなどを選ばれる方もいらっしゃいます。



また、一部を木貼りにするのも外観のアクセントになるためおすすめです。



次に屋根の色について。
リベロホームではガルバリウム鋼板を標準仕様としており、グレー系のお色が人気です。
薄い色は柔らかい雰囲気に、濃い色はシャープな雰囲気になります。
屋根は通常見えにくい部分ではありますが、リベロホームでは下屋を架けることも多く、屋根の色が外観デザインのポイントとなることがあります。



次に破風の色について。
破風(屋根の先端部分)の色は意外と外観の印象を大きく変える要素だと思います。
このお宅のように薄いグレー色だと軽やかに感じます。



また、樋の色の合わせ方もとても重要です。こちらは、破風の薄いグレー色に合わせて樋も薄いグレー色、白い外壁に合わせて縦樋はホワイト色としています。



このように破風や外壁に樋の色を合わせることにより、樋が目立たなくすっきりと見えます。
逆に、樋の色を目立たせアクセントにされるのも良いと思います。

最後に、軒天井について。
軒天井の色もお選びいただけます。ホワイトやブラックといった単色は軒裏をすっきりと見せ、シャープな印象を持ちます。



木目調ですと柔らかな雰囲気になり、カジュアルな印象になります。



このように色や柄によって様々な印象の外観になります。話し合いながらこだわりのお家を一緒に作っていきましょう。

インテリアと空間デザイン

カテゴリー: blog
投稿日:2020年09月01日

こんばんは!

設計営業の北原です。
 
今回はインテリアと空間デザインについて書こうかと思います。
雑貨、インテリアはおしゃれな物がたくさんありますよね。
 
ですが、どのようなものが
オシャレ、かっこいい、かわいい
 感じるかは、その人それぞれの感性によって変わってくると思います。 

 

 
こんな感じの物が可愛いと感じたり
 

 
 
素朴な感じがかっこいいと感じたり
 

 
グリーンがおしゃれだと感じたりせっかく、自分で建てたお家なら自分の好きな物を置いて、自分色に着飾りたいですよね。
ただ、人間だれしもその時折で、趣味嗜好が変わっていきます。
そうなると、雑貨、インテリアを一生同じ物を置いておくというのは考えにくいのかと感じます。
そんな、雑貨たちを映えさせてくれるのが空間デザインだと思っています。
 

 
このような感じの空間、シンプルで陰影がでて これだけでもちょっとおしゃれ、だけど余白のあるようなデザイン。 
 
 
 
雑貨を置くだけで、雰囲気もガラッと変わりますよね。
空間デザインも、雑貨と同じで 人それぞれ、趣味嗜好があると思います。
ですが、雑貨は気軽に置き換えられても、空間デザインは建築で作りつけてしまうと、リフォームをすれば雰囲気は変えられますがコストもかかり、気軽にできるものではないと思います。

なので、空間デザインは流行を追わず、シンプルにどの年代にも好きになってもらえるデザイン飽きがこず、ずっと好きでいてもらえるデザイン、住むほどに、好きになってもらえるデザインを心がけて、家づくりを考えています。
 
そんな自分たちがずっと好きで居続けられる、家つくりを一緒にしてみませんか?

エアコンクリーニング

カテゴリー: blog
投稿日:2020年08月17日

こんにちは、設計の村松です。
毎日このような気温の為、今回は外作業のDIYブログではなく
エアコンクリーニングのお話をしたいと思います。

私の住んでいる地域は郡内ではなく国中地域という事もあり夏の季節は異常な暑さで寝苦しい日々が続きます。いつもこの季節はエアコンがある居間で寝ていましたが、居間に布団を敷くとカオス状態となってしまいます。
元々、寝室にあった20年以上前の古いエアコンをクリーニングして使う事にしました!

もちろんカビだらけで体に悪いので業者さんがするような水洗いにチャレンジしました。
もちろん自己責任で作業をします。

道具は、エアコン用養生ビニール、養生テープ、電動霧吹き、中性洗剤、ブラシ等を準備しました。



フィンやファン、吹出口に大量のホコリやカビがありました。


このように専用ビニール袋を設置し、電子部品は養生をして故障しないように対策をしています。
また感電防止の為、コンセントは必ず抜きます!




水洗い中は必死なので相変わらず写真はありません(笑)
吹出口の奥にファンがありブラシを使って綺麗にしています。
水洗いをすると体に悪そうな液体が流れてきました!




組立て作業をしてから暖房で乾燥運転をし、余計な水分を取り除いたら終了です。


古いエアコンの為、電気代は高いのですが深夜電力で効率良く使っています! 初めての作業で2時間程かかりましたが、安心してエアコンを使えるようになりました。
これで寝苦しい夜に快適な睡眠が確保出来そうです!